雨の日でも遊べるASOBono!

ASOBono!は、屋外で遊べる施設になっています。
東京ドームシティの敷地内にあり、最寄り駅は水道橋駅になります。
ASOBono!は雨が降ると混雑しますが、周辺にはフードコートがあるので、混雑して入れない場合では時間をつぶすことができます。
ASOBono!の入り口では靴を抜いて入場になりますので、設置してある下駄箱に靴を入れましょう。
受付で1時間分の料金を支払うかたちになります。

施設内にはボールがたくさん敷き詰められた海のようなものが作られていて、その中に滑り台などの遊び遊具があります。
子供たちに大人気ですが、意外に大人でも楽しめてしまいます。
隣には、大きなバルーンで作られた部屋があって、飛び跳ねることが自由にできます。
親だけが注意して監視しているのではなく、各場所に係員がいますので安心して遊ばせることができるようになっています。
施設内の温度は常に丁度良く設定されていますので、とても快適に遊べる空間になっていますし、遊び場のスペースを広く取ってありますので子供同士がギュウギュウで遊ぶと言ったことがなく、けが防止になっています。

雰囲気も明るいので、雨が降っていても施設内は明るくなっていますしどこの遊び場にもおもちゃが設置してあるのですが、その数が子供たちの数よりもかなり多くおいてあるので、取り合いになることもなく十分遊べます。
上階に行くと、女の子には嬉しいおままごとセットやカラフルな絵本などが多くあるエリアになります。
ピンクが基調になっている空間で、おままごとも本格的にできるようになっています。

乳幼児でも安心して遊べるエリアがある

ASOBono!では、乳幼児が遊べるエリアもあります。
0歳から1歳までの小さな子供だけが遊べるようになっていますので、大きな子供が立ち入らない分、危険もありませんので親御さんも安心です。
施設内では飲食が基本的には禁止されていますが、ところどころに休憩所が設定されていますので、そこでは飲食が許されています。
この場所で、小さな赤ちゃんに授乳をしたり離乳食を与えることができます。

少し離れた場所に「トイフォレスト」といったエリアがありますが、ここではゲームを楽しむことができます。
サッカーや野球ゲームができたり、もぐらたたきゲームも設置されていますので小学生でも遊ぶことができます。
女の子には大人気のドールハウスや、シルバニアファミリーといったものも置いてありますのでなりきって遊んで楽しむことができます。
ASOBono!には様々なおもちゃがありますが、どれも教材的なものではなく本気で遊びに没頭できるものになっていますので、子供たちものびのびとした時間を過ごすことができますし大人も童心に帰ることができます。