温泉やプール、エクササイズも楽しめる

スパリゾートハワイアンズまでは、無料の送迎バスが横浜駅や東京日本橋、さいたま都心大宮駅や新宿、渋谷などから出ています。
東京近郊に住んでいる人でしたら桐生駅まで行って大宮駅まで行きそこで送迎バスに乗ってスパリゾートハワイアンズまで行く方が高速代などを考えると安くいける感じです。

スパリゾートハワイアンズは温泉のテーマパークになっています。
施設内には流れるプールやスライダーなどがあり、すべて温泉のお湯で動かされています。
水着で入るプールから裸で普通にくつろげる温泉などがいくつかあります。
屋外プールもありますが、これは夏季限定になっています。

またエステサロンやエクササイズができる施設、スタジオエクササイズなどがあり温泉だけではなくいろいろな楽しみ方ができる施設です。
中でも江戸情緒を感じることができる大露天風呂があります。
スパリゾートハワイアンズで支払う料金でこれらの施設はすべて利用ができるようになっていますが、夏季にだけ開場される屋外プールは別料金になっています。

様々なエリア

スパリゾートハワイアンズに一歩足を踏み入れるとまるで南国のハワイといった感じで気温も30度近くに設定されています。
ですから冬でも温かく感じられる館内になっています。
施設内で行われるフラダンスも、有料ですが踊り子さんと写真を撮ることができます。

施設のいたるところに南国を思わせるような置物や飾りがされていますし、あの有名なカメハメハ大王の石像もたてられています。
50mプールがあり、周りには流れるプールがあります。
スライダーもあり、体重制限と年齢制限がありますが迫力満点の体験ができます。

施設内にあるいくつかの温泉施設は、自由に行き来ができますので自分が入りたい所に入ることができますし、家族連れの場合は十分小さなお子様でも楽しい時間を過ごすことができます。
スパリゾートハワイアンズの中にある、フードコーナーはものすごく充実しています。
しっかりとした食事から、手軽に食べられるファストフードもあります。

また、食事をとる場所ばかりではなく小物や水着などを売っている店もありますので非常に便利になっています。
ちょっと別の楽しみ方をしたかったら、ゲームコーナーもありますので利用ができます。
フランダンスショーは自由席は数が多く用意されていますが、それ以上に人が押し寄せてくる場合もありますので、余裕があれば有料で指定席を持った方がゆっくりとショーが見られます。

昼と夜のショーでは有料の席の値段が少し違いますが大きな違いはありません。
フラミュージアムというものがあり、フラダンスに関しての知識やスパリゾートハワイアンズがどのようにしてできたのかが分かりやすく解説してあります。