粉ミルクを作ろう

赤ちゃんがミルクを好んだり、母乳の出が悪かったり、早いうちから保育園に預けることになったりといった事情があると赤ちゃんは粉ミルクを飲むことになります。
粉ミルクはお湯に溶かすだけでできるので簡単に誰でも作れると思われがちですが、作る際には気を付けなければならないことも意外と多いです。

そこでミルクを作る前にはいくつかのポイントを確認しておきましょう。
道具も色々と必要になるので事前にそろえておく必要があります。

ミルクを作るのに必要なもの

ミルクを作るために必要なものには、哺乳瓶、乳首、哺乳瓶と乳首を連結するためのパーツ、粉ミルク、計量スプーン、お湯、湯冷ましといったものを用意しなければなりません。
計量スプーンは粉ミルクについているものでよいですし、キューブやスティックタイプを用いれば用意しなくてもミルクの用意ができます。

お湯は70度以上にしておくことが必要です。
お鍋ややかん、電気ポットどれを使って温めるのでも良いですが、一度沸騰させて70度に保っておくようにします。

粉ミルクに混入している可能性があるとされているサカザキ菌を死滅させるためには70度以上のお湯でミルクを作ることが必要です。
熱湯で作ったミルクを冷ますために湯冷ましを使います。

ミルクの作り方

ミルクを作る際にはまずは軽量から始めます。
粉ミルクは濃すぎても薄すぎても良くないです。
そのためスプーンすりきりに軽量して、何杯入れたかもきちんと確認するようにします。

ミルクを軽量したらお湯を注ぐのですが、赤ちゃんの適温は40度ほどの人肌くらいの温度です。
まず熱湯を作る量の半分まで入れてミルクを溶かし、その後湯冷ましを足して適量にすると出来上がりは適温になります。

他にも70度のお湯ですべてとかした後、水道の流水に哺乳瓶をあてて振りながら温度を下げる方法もありますが、様子を見ているだけでは適温がわかりにくいです。
そこである程度冷えたら手首の内側などにミルクを少し垂らして温度を確認するようにしましょう。

ミルクは適温になったらすぐに授乳するようにします。
時間がたつと菌が繁殖するので放置して冷やしたり、飲み残しをそのまま置いておいて飲ませたりするのは避けるようにしましょう。

哺乳瓶の消毒方法

哺乳瓶は飲み終わったら洗うだけでなく消毒が必要です。
消毒方法は熱による消毒と薬液での消毒があります。

熱で消毒する場合には煮沸消毒で鍋でかぶるくらいの水を火にかけ瓶を一緒に温めるだけです。
最近では電子レンジで加熱消毒する道具もあります。

薬液での消毒も薬剤を薄めて作った溶液に哺乳瓶やその他のパーツを浸け置きするだけです。
薬液が哺乳瓶に残らないよう良く洗ったり、子供が触れないように手の届かない場所に置くようにしたりするようにしましょう。