おっかなびっくりのお風呂の時間

なかなか子育てに参加することのできないパパでも、赤ちゃんをお風呂に入れることが役割になっていることもあるでしょう。
ですが、初めての時には、いったいどうしたものかと悩んでしまうはずです。
それもそのはず、首も座っていない状況なのですから、おっかなびっくりになってしまいます。

赤ちゃんにとっても同じことで、最初のうちはとても恐怖なことなのです。
自分の体温でもなく、感じたことのない温度に触れることは、誰でも恐怖に感じることでしょう。
体力も使ってしまうことになるのですから、考えてあげなければいけません。

一緒に入ってあげることが精神安定へ

赤ちゃんをお風呂に入れるのであれば、コツがあります。
一番簡単なのはベビーバスを使う方法でしょう。

もしも、一人で入れてあげたりしなければいけないのであれば、安全な方法として選択することも重要です。
ですが、できることならば、一緒に入ってあげるほうが精神的にも安定することは間違いありません。

まずは、お風呂の準備をします。
自分が入るときでも、体を拭いたら服を着ることができるようにするでしょう。
ちゃんとタオルも用意して、同じことを赤ちゃんにもしてあげなければいけません。

さらに、寒い空間でお風呂に入ることは、体に温度変化を与えてしまいます。
浴室を温めるとともに、冷えないような環境も作ってあげましょう。

お湯の温度は40度ぐらいにします。
あくまでも、お風呂の主役は赤ちゃんなのですから、熱いお湯を用意したりしないようにしなければいけません。

ゆっくりと洗ってあげることが大切

すべての準備が終わったら、まずはお湯につけて体を慣らすとともに温めてあげます。
とても不安な状況なのですから、話しかけながら温めてあげることが大切です。

不安が勝ってしまっているときは、赤ちゃんは何かにしがみつきたがりますので、ガーゼやタオルをつかませてあげるといいでしょう。
首が座っていない時期ならば、しっかりと支えてあげなければいけません。

体を洗ってあげる方法は、首が座っていない時期は膝の上に乗せて抱きかかえるようにします。
柔らかい布を用意し、ゆっくりと優しく洗ってあげなければいけませんが、皮膚がしわになっているところもきれいにしてあげることを忘れないようにしなければいけません。
皮膚も弱く、汚れることも少ないのですから、やさしく軽く洗ってあげれば問題はないでしょう。

石鹸は、必ずきれいに流さなければいけません。
肌荒れの原因となりますので、しっかりと流してあげて、最後にもう一度温めてあげましょう。
後は湯冷めしないようにしっかりと拭いてあげ、できることならば迅速に着せてあげるためにも夫婦で分担してあげるといいでしょう。