ママ友ならぬパパ友が欲しい

ママ友ではなくパパ友、この言葉もすでに子育て世代に広がっています。
最近はパパが保育園の送り迎えをすることも多くなり、送り迎えで会っているうちにパパ友になったという人も多いです。
ただこうした交流の場がないことでパパとしての悩みなどを話せるパパ友が欲しいのに、なかなかできないと悩みを持っているパパもいます。

ママは保育園の送り迎えの前に、出産前からマタニティスイミングや病院のママの集まりなどで知り合いになる場面もありますし、公園デビューしてママ友ができるという話もよく聞きますが、パパ友を作るって結構大変です。
パパ友を作るためにどのようなことをすればいいのか、パパ友作りを考えてみます。

パパ友がいるメリットって何だろう

仕事の同僚の中に結婚して子供がいる人がいればそこでパパ友になれるのでは?という人もいますが、それはあくまでも仕事上の同僚であって育児について時間をとって悩みを聞いてくれるかというとそれは難しいでしょう。
パパ友が欲しいと思っている人は同じ保育園などの話をしたいし、同じ年齢のお子さんを持っているパパという立場で悩みなど話をしたいのです。

パパ友がいれば保育園のことや子供のしつけのこと、同じ年齢でできることできないこと、それに奥さんとのことなども相談できるかもしれません。
同じ立場で同じようなことに悩む人がいるんだなと思えれば安心しますし、いつでも育児の話ができる友人がいるのはママ友同様心の安定につながるのです。

パパ友が欲しいなら行事を利用しよう

普段保育園の送り迎えをしないパパも運動会やお遊戯会・クリスマス会などなら見に行くことも多いです。
そういう時こそパパ友を作るチャンス!行事に来ているパパに自分からどんどん話しかけます。

ほかのパパたちもパパ友がいればこういう行事来やすいのになと思っている人が多いです。
運動会など以外でも保育参観やお泊り会の見回りなどがあれば積極的に参加してパパたちと交流しましょう。

行事で知り合いができたら飲みで親交を深めよう

行事で知り合いになったら継続的なお付き合いができるようにまずは連絡先を交換したいところです。
どちらかの家に遊びに行くという手もありますが、妻が仕事を持っている場合など自宅に挙げるのを嫌がることもあります。
自宅に呼ぶと家をきれいにしなくちゃとか何か作らないと・・・ということになるので、「今度一緒に飲みに行きましょう」と外に誘ってみるのも一つの方法です。

行事の後に飲み会ができれば次の行事でも「また行こうか?」と恒例行事にできます。
相手が飲めない人ならちょっと飯食いに行こうでもいいので、パパ同士でゆっくり話ができる場所で親交を深めるのです。

その後はほかのパパたちもどんどん誘って子供の保育園パパ会などと称しみんなでバーベキューを開催して家族ごと仲良くなったりできますし、子供たちも楽しい時間が過ごせます。
人に話しかけるのが苦手という人もいますが、思い切って話をしてみることでパパ友の輪は広がっていくものです。