日本にしかないディズニーシーの魅力

子供が行ってみたいと思う場所を調査すれば、必ずトップ争いをするのが東京ディズニーランドでしょう。
その隣に隣接する、東京ディズニーシーも大変魅力的な場所になっています。
ディズニーランドとは違い、大人も楽しむことができる空間になっていますので、検討してみる価値があるでしょう。

ディズニーシーは、7つのテーマポートに分かれていますが、実は世界のどこにも同じような形のディズニーランドはありません。
日本しかないのが、このディズニーシーなのです。

ディズニーランドとの大きな違いは、その雰囲気にあるでしょう。
ファンタジーの世界を前面に押し出したディズニーランドは、パパにはちょっと退屈な感じがするかもしれません。

ですが、こちらのディズニーシーであれば、落ち着いた雰囲気が作られており、風景も楽しむことができる点に違いがあるのです。
もちろんディズニーですので、魅力あふれた世界が待っていますが、ちょっと大人な感じがする空間になっています。

大人も子供も楽しめる

子供たちをディズニーランドに連れていけば、男の子でも女の子でも大興奮でしょう。
しかし、ディズニーシーでは、興奮というよりも、ファンタジーに浸りながらゆっくりとした時間が流れていくのです。
それを感じることができるのは、水の流れとともにある、多くのベンチの存在でしょう。

ディズニーランドに行くと大興奮で、座る時間も惜しいとばかりにはしゃぎまくることが多いはずです。
しかし、ディズニーシーには、座って風景を楽しむ時間の流れが違います。
風景が異なるだけで、ここまで落ち着けるのかと思うほど、この二つの施設の中で流れる時間は違うのです。

落ち着いているということで、アトラクションとかも少なく、子供たちが飽きてしまうのではないかと思うかもしれません。
ディズニーシーにも多くのアトラクションがあり、ディズニーランドとは違った雰囲気を作り出しています。
子供たちが楽しめるマーメイドラグーンのようなエリアもありますので、小さなお子さんがいても安心です。
ディズニーランドというと、なんだかせわしなくて疲れてしまうと思っているパパでも、ディズニーシーならきっと満足できる空間が待っています。