八木山ベニーランドを楽しもう

杜の都仙台を代表するアミューズメントスポットが八木山ベニーランドです。
仙台市の中心部からは約4km離れている場所にあり、緑に囲まれた自然豊かな施設で、青葉城址と八木山動物公園に隣接していますから最高のロケーションになります。

アトラクションは全部で27ありますが、そのうち20以上が保護者付きで3歳からでも楽しめるというのは珍しいことです。
小学生のあいだで大人気の絶叫マシーンもありますが、小さい子が遊べるような乗り物やゆるやかな遊具もあります。
刺激的なものから、ゆるやかなものまでそろったアトラクションですから、あらゆる年齢層で楽しめます。
赤ちゃんから大人までいるような幅広い年齢層の家族連れでも、楽しめることは間違いないでしょう。

アクセス等の基本情報

八木山ベニーランドの住所は宮城県仙台市太白区長町越路19-1、電話番号は022-229-1603です。
営業時間は9時から17時ですが、季節によって変動はあるかもしれません。
料金は3歳から小学生は入園料500円、大人(中学生以上)は入園料1000円ですが、フリーパス等のお得な料金もあります。
定休日はなく、不定休です。

交通ですが、電車の場合はJR「仙台」駅からバスで「動物公園前」の停留所で下車、車の場合は東北自動車道「仙台宮城」ICより約8kmです。
600台置ける駐車場はありますが、有料で500円になります。

みどころってどう?

こちらのみどころは春の桜の花見でしょう。
実は、こちらは春には700本のソメイヨシノがあり、その他にもしだれ桜、寒絣桜、八重桜が咲き誇るお花見スポットでもあるのです。
園内にはテラスがありますし、芝生もあるので家族でのんびりとお花見も楽しめます。
遊園地で遊びながら、お花見もできるなんて最高です。

桜の見ごろは例年では4月上旬から下旬ですが、その年によっても違いますのでご確認されてからお出かけになると良いでしょう。
パパのお休みを利用して、家族でお花見と遊園地での絶叫マシーン体験を楽しむのもなかなかできないことです。

次にご紹介するみどころは充実したアトラクションの数々です。
たとえば、2回転宙返りをするジェットコースター等の3つのジェットコ―スターがあります。
子供はこういった乗り物が大好きなので、乗りたがること間違いないですが、一人では危険で無理ですからパパやママも一緒に乗りましょう。

下に赤ちゃんがいる場合は、パパママ二人で交代で見るようにしてください。
上の子もそのようにして、パパ化ママに一緒にいてもらえると嬉しいものです。
子供と一緒に絶叫しながら、ジェットコースターに乗るのも楽しいものでしょう。
大きくなってから良い思い出になります。