動物と楽しく触れある「オービィ横浜」

オービィ横浜は都会で味わうことのない動物との触れ合いができる魅力的な体験型施設です。
この施設は五感で楽しむ体験型施設でセガが企画開発しています。
エンタテイメントやテクノロジーを駆使し大自然の美しく広大な映像と動物たちとの触れ合いを通し感動的な体験ができるのです。
デジタルとリアルが融合しより臨場感あふれる体験となっています。

オービィ横浜は横浜市西区みなとみらいにあり、車で行くときには首都高速横羽線みなみみらいランプからすぐです。
電車を利用する場合はJRもしくは市営地下鉄で桜木町へ、そこから歩く歩道を利用して8分程度で到着します。

こんな触れ合い体験ができる施設が都市部にあるなんて

1Fにあるアニマルヴィレッジではシマリスなどの小動物に直接会えるエリアとなっています。
シマリスたちがちょこちょこと動く様子を間近に見ることができ、小動物をより身近に感じられるヴィレッジです。

動物園などに行かないと会うことができない動物たちにはアニマルガーデンで会えます。
不思議な森アニマルガーデンには日常では触れ合うことのできない動物たちのエリアです。
テレビや動物園でしか見たことがない動物が間近に!貴重な体験ができます。

猫が好きな人はキャットパラダイスへ、ここでのんびり暮らす猫たち新谷氏をもらいましょう。
猫たちは自由気ままですり寄ってくる子もいれば遠くから見つめている子もいて、猫好きにはたまらないブースです。

同じく1Fにあるインフィニットアクアリウムでは、美しい水槽を自由に泳ぐ色鮮やかな魚を楽しめます。
この空間は暗く水槽が浮かび上がるような照明で幻想的です。
カップルでオービィ横浜に来るならここは押さえておきたいデート空間になります。

映像の体験は深い知識になる

子供たちにとって自然界にいる動物たちがどのように暮らしているか、これはこうした施設に来ないとわからないことも多いです。
例えば大きくて強いというイメージがあるマウンテンゴリラのエリアに行けば、ゴリラが絶滅の危機に瀕しているということがわかります。
立体映像と映像を体感できる演出で臨場感たっぷりに現在のマウンテンゴリラの現状を伝えるブースです。

シアター23.4では日本最大級のスクリーンで自然の中の動物を見ることができます。
このスクリーンは幅40m高さ8mという巨大なものなので、動物たちの映像が迫ってくるような迫力です。
最高峰のスペシャルシアターで動物たちの暮らしをたっぷり見ることができます。

この施設にはもう一つ特別なスクリーンがありそこで楽しめるアースクルージングも人気です。
こちらのスクリーンは大型で湾曲した作りとなっているので、空撮映像がより現実感を持って迫ります。
仮想飛行体験ができるエキシビジョンも大人から子供まで人気です。

このほかにもアフリカ赤道直下にある氷点下の不思議な世界を体験できるマウントケニアや巨大なカマキリなど虫たちと一緒に遊べるメガバグズなど、子供たちが自分の体を使って体験できるアトラクションが多数あります。
家族でもカップルでも楽しめる要素がたくさんあるこの施設は、月曜日から木曜日まで9時から21時(最終入館20時)、金曜から日曜・祝日・祝前日は9時から22時(最終入館21時)です。