ツインリンクもてぎでいっぱい遊ぼう

ツインリンクもてぎは車好きな人にとって国際的なレースが行われる場所として知られていますが、モーターアクティビティも楽しめます。
子供たちもアスレチックや自然の中で様々な体験ができるなど、家族みんなで楽しめる場所でもあるのです。
車が好きという人じゃなくても十分に楽しめる施設なので皆さんで利用してほしい施設といえます。

最近はゲームなどインドアで遊ぶ子供が増え、うまく走れない子や体力がない子も多いです。
たまにはゲームやスマホなどから離れて家族一緒に大自然の中で体を動かしてみましょう。

魅力いっぱいのモーターアトラクション

でこぼこの道や水があっても走行できるというエアロックス、こちら保護者が一緒に乗れば2歳のお子さんから楽しむことが可能です。
様々な障害物をクリアしながら進んでいくアトラクションなので、お子さんと一緒に達成感を得られます。

ドリームカートはお子さんの身長が135㎝あれば一人でレーサー気分を満喫できますし、0歳児など小さいお子さんもお座りができる子ならお父さん・お母さんと一緒におさんぽでんでんなどのゆったりと楽しむアトラクションも利用できるのです。
3歳以上のお子さんは自立式バイクのぶんぶんスクーターでお散歩コースを楽しめます。

ツインリングもてぎの醍醐味!アスレチックを楽しもう

ツインリンクもてぎには巨大ネットの森SUMIKAという日本最大級の屋内アスレチックがあります。
屋内にネットが張り巡らされているので森に暮らす動物になったような気分で体を動かすことができるのです。
鷹や蛇に見つからないようにこっそり自分の暮らす場所を探すというテーマなので、子供たちにとっては大冒険!動物になりきって遊べます。

アスレチックと迷路を両方楽しむことができる迷宮森殿ITADAKIもおすすめです。
こちらは森の生態系がテーマになっている迷路アスレチックで、動物や植物の障害物をクリアして進みます。
ただし途中にある2か所のクイズに正解しないとそこでゲーム終了、頭も体も使って遊べるスリリングさも楽しめるアトラクションです。

自然の中でとことん遊びつくそう!ハローウッズ

里山ハローウッズはとてつもない広さを誇りツインリンクもてぎの中でも大人気です。
自然の中で吊り橋など渡ならが迷路を楽しむウリンボ迷路や空を滑走する気分を味わえるスパイダーロープも子供たちに大人気となっています。
このハローウッズには子供たちが楽しく水生生物は小型の哺乳類のことを学べる研究室もあり、この森に暮らす沢山の生物を学ぶこともできるのです。

ご家族で大冒険したいということならジップラインを楽しみましょう。
メガジップラインつばさはサーキット場を滑走するジップライン、森のジップライン ムササビはガイドさんと一緒に森をめぐることができるプログラム付きです。

ツインリンクもてぎへのアクセスは?

ほかにもレーシングマシンなどを集めたホンダコレクションホールなど見学することもでき、たくさんの遊び・学び・動きを体験できる様々な魅力を持っているのがツインリンクもてぎです。
休日にお子さんと一緒に子供に戻った気分でたっぷり楽しめます。

ツインリンクもてぎは車なら常磐道水戸ICから40分・水戸北ICから30分、北関東道真岡ICから50分、東北道矢板ICから90分です。
東京方面から行く場合は新幹線で宇都宮へ、そこからバスで90分・タクシーで60分、上野から常磐線特急を利用する場合は水戸まで行ってタクシーかバスを利用します。
仙台方面からは新幹線で宇都宮にでるか常磐線特急で水戸に出てタクシーかバスを利用してください。

バスで行く場合には宇都宮駅西口3番のりばから、また茂木駅からも乗車できます。
平日は運行なし、土休日のみ運行なので時間を確認してからバスを利用しましょう。